『できる人』ってどんな表情?

 

 

こんにちは、Glitter birdです(*^^*)

 

皆さん、『できる人』って聞いてどんな人を想像しますか?

 

そうですね。

 

イキイキしている人って思いませんか?(^^)

 

では次に、イキイキしている人の顔を思い浮かべてください。

 

どんな顔をしていますか?

 

おおよその人は、目力(目ヂカラ)があるって答えると思います。

 

実は、約30の表情筋全てに意思が伝達されることで、『できる人』の表情がつくられていたのです。

 



 

表情筋をわかりやすく分類すると、

 

1.目の周りの筋肉群

2.頬の筋肉

3.口の周りの筋肉群

 

以上のようになります。

 

『できる人』は、『目』・『頬』・『口』の筋肉を頻繁に動かしているので、

 

遠目から見てもくっきりと表情の変化がわかります。

 

3つのサインからわかる『できる人』

 

異業種交流会、名刺交換会、巷で行われる勉強会などに参加するとわかることがあります。

 

それは、『この人はおそらく失敗続きだろう。』と感じたり、

 

いくら本人が『仕事がうまくいっている。』と言おうと、

 

本人の言葉や名刺の肩書き以上に表情から伝わってくるのです。

 

具体的に示すと以下の通りです。

 

1.表情筋の動きの活発度

2.アイコンタクトの強弱

3.口角挙筋の力の強弱

 

これら3つの特徴から、その人の【成功・失敗】や【上げ潮・引き潮】が見えてくるんですね。



『できる人』に見えるためにはどうすればいい?

 

『できる人』に見えるようになるには、

 

まず、【話す時に口の周りの筋肉をしっかりと動かす】ように意識します。

 

 

例えば、話し終わった時に上唇と下唇が少し開いているとします。

 

もう、それだけでぼんやりとした印象を相手に与えてしまうんですね。

 

これはつまり、『できない人(自信がない人)』と印象付けてしまう要因になるので、気をつけましょう。

 

皆さん、口の周りの筋肉が弛緩した様子や曖昧さは禁物ですので、

 

話し終わる時は口をしっかり閉じるように意識すると良いですよ(^ ^)

 

特に注意すべきところをまとめると、

 

 

・口を開く時は大きめに開ける。

・口を閉じる時は、『口角下制筋(こうかくかせいきん)』《唇を下に引く筋肉》をきちんと使い、しっかりと口を閉じる。

・アイコンタクトは、上まぶたの張りや方向・長さが十分あるか、意識する。

・口角挙筋(こうかくきょきん)に少し力を入れて聞くと、相手には微笑んでいるように見えるので、『できる人』に見える。

 

相手の動きに合わせて自分も動く!ミラーニューロン!?

 

相手と心地良く繋がっていく為には、どうしたらいいと思いますか?

 

それは何かと言うと、ズバリ、

 

【相手が動いたら自分も動く。】

 

【相手が止まったら自分も止まる。】

 

こういったことを意識するだけで、相手との心地良い空間が生まれるんですね(^^)

 

言葉のやり取りも同様です。

 

気をつけたいのは、相手が話し終わる前に話し出すのは【かぶせ発言】になるので、やめましょうね(^^)

 

しっかり相手が話し終わるのを待って発言すると、相手に安心感を与えるので、お互いに気持ちの良い関係になります。

 

相手あってこそのコミュニケーションなので、皆さんも是非意識してみてくださいね(^^)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 



========================
★いつもと違う母の日のプレゼント★


応援していただけると励みになります♪
ポチッとお願いします(人*´∀`)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


全般ランキング

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!


========================
お得な有料情報を無料でプレゼント!
http://bit.ly/2wbME96

※なんと!今回登録するだけで、数万円分の情報を無料でプレゼントします!

またPC1台で稼げる最新情報を、LINE@にて配信しています。
こちらも是非ご登録してみて下さい。
line://ti/p/@siw7333b

info最新ネットビジネス情報局