幻の三河一色産 極上アオテうなぎが家でも食べられる?!【通販】

極上アオテ鰻とは?

愛知県三河の清流、矢作川で育ち、うなぎ職人が一匹一匹厳選した幻の三河一色うなぎです。

うなぎ生産量日本一の愛知県一色町直送のうなぎは”アオテ”と呼ばれる肉質の柔らかい上質なうなぎのみを選別しています。

↓ ご購入は下の画像をクリックして下さい ↓

アオテとは?

背中が青くてお腹が白い、肉質が柔らかい。
そのような、うなぎ本来の美味しさを味わえるものをうなぎ職人の間では“アオテ”と呼んでいるそうです。

アオテが出る確率は?

そんな“アオテ”うなぎが出る確率は20匹に1匹だそうです。
アオテうなぎとは、なかなか出会うことのできないとても希少な鰻なのです。

通常、鰻は大きさ別に選別することはあっても、品質別に選別することはありません。
なので、“アオテ”とそれ以外の鰻が混ざって流通しています。

さらに、蒲焼の状態になると、そのうなぎが“アオテ”だったかどうかの判断は難しく“アオテ”うなぎを食する機会は多くないのが現実だそうです。

水が重要!?

「うなぎ養殖は水作り」と言われるほど、うなぎを育てるには水が重要と言われています。
“アオテ”うなぎは愛知県一色町産で全国で唯一、矢作川の水を利用してうなぎを育てています。

なので、限りなく天然に近くストレスのない環境でのびのびと育つことで、皮が柔らかく身に脂がのった良質のうなぎになるそうです。

うなぎ本来の旨みを引き出すタレとは?

うなぎのタレはみりんとしょうゆを合わせて作られてます。
みりんは、安永元年(1772)創業の老舗、九重味醂のみりんを使用。
しょうゆは、こいくち醤油と大豆の濃厚な旨みが出る生引きたまりをバランスよく使用されています。

実際に食してみたら…

たしかに柔らかい!!ホロっととけていくという表現は間違ってなかったです。
ちょっぴり炭火の香りがするのもよいですね^^
とても美味しいです。(-^〇^-)

そんな、極上アオテうなぎを食してみてはいかがでしょうか?

↓ご購入は下の画像をクリックしてね↓




 
ポチッ!と応援お願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com