【読書】が脳に与える驚きの効果とは?

「読書」という言葉は、ほとんどの方が知っているかと思いますが、日々忙しい生活を送っているサラリーマンの方ほど隙間時間を使って本を読むことがオススメです。

なぜなら、読んだ本の数が仕事で成功することや年収アップに直結してくるからです。

出版文化産業振興財団の調査でも、「世帯年収が高い家庭ほど、読書量が多い傾向にある」という結果を明らかにしていている事を考えると、お金持ちになるのに、読書は必須であるといえるでしょう。

では、なぜ読書をするとお金持ちになれるかという部分を、脳に与える影響の観点でお話していきましょう!

 

【想像力が高まる】
脳は、受け取る情報が少ないほど、想像して補おうとする性質があり、活字がメインである本から情報を得ようとすると、自然と頭の中でイメージしながら、内容を理解するようになります。

ですので、普段使っていない「想像」する能力が鍛えられて、頭の回転が早くなり、仕事の効率が良くなったり上司や友人の話もすぐに理解できるようになるため、仕事での成果を上げやすくなっていく事が期待できます。

 

【言語能力の向上】

読書により、想像力が付いてくると言語能力も高まっていくので、円滑に人間関係を作っていくコミュニケーション能力が向上していく事もメリットでしょう。

イメージする力が高くなれば、文章だけで内容を理解できるようになるため、取引先とのメールでのやり取りも円滑に進めることが出来るようになり、結果的に取引先との信頼関係を維持していく事に貢献していけます。

このような点が、社内も評価されていく為、早い年齢から責任感のあるポストを任されたり、給料が上がっていく

結果に繋がっていく事があるため、世帯年収アップに繋がっていく事でしょう。

 

【脳の活性化】

現代の読書は、電子書籍がメインになってきたため、ほとんどの方はスマホなどを使って読書をしていく時代になりました。

しかし、脳の活性化という観点から見ると、電子書籍よりも紙の本を使った読書の方が効果が期待できます。

なぜなら、自分の指で1ページごとにめくっていく事が、脳にとって重要なリズム感を与える事や、紙の本の厚みが与えてくれる量的な感覚などが、脳の活性化につながる大きな要素だからです。

【思考力が身に着く】

インターネットが普及したことで、誰でも簡単に本の中に書いてあるような専門知識を検索することか出来るようになり、紙の本を読む機会が減少してきました。

しかし、検索をした内容を理解して活用していくには、思考力が必要になるので鍛える必要があります。

読書は、テレビなどの映像で情報を得る事よりも脳に負荷がかかるため、自然と思考力を鍛える訓練に繋がっているので、知識を得られる利点と、脳を鍛える利点も得られて、一石二鳥とも言える素晴らしい方法である事がご理解いただける事でしょう。

 

【読書が続かない人のためのワンポイントアドバイス】

さて、ここまで読書で得られる、脳への効果をお話してきましたが、最後に読書を続けていく為のアドバイスを

お伝えして終わりにしたいと思います。

それは、「1日15分、読書をする!」という簡単なお話ですがココがとても重要になってきます。

毎日実践するのは思いのほか大変な事で、忍耐力が必要になってきますが、毎日15分という短い時間であれば継続していく事は決して難しくないと思います。

そして、毎日実践していく事で、生活リズムの1つに読書が組み込まれ習慣化されていくので、読書をする事が辛く感じなくなっていくでしょう。

1度習慣になったものは、頭で考えなくても自然に体が動くようになるため、今まで何をやっても続かなかった人は実践してみてはいかがでしょうか?

 
ポチッ!と応援お願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com