脳を活性化するために、【音楽習慣】を変えてみませんか?

「脳は使わないでいると退化する」という噂はよく耳にすると思いますが、実際に頭を働かせ続けている人と、それを使っていない人では年齢と共に、認知力に大きな差が生まれます。

そこで、脳を活性化させていく為に、普段聞いている音楽習慣を変える事で解決できる部分があると考えて、内容をまとめてみました!

月額960円【AWA】

【脳が活性化する脳波とは?】
まず、脳の活性化するのは、「アルファ波」が脳内に分泌されている状態が理想的で、β-エンドルフィンというホルモンが、私たちのストレスを軽減・解消する役割を果たしてくれます。

その結果、集中力・学習能力が高まっていくので、学生の受験勉強やサラリーマンのビジネス効率のアップなどに最適です。

さらに、「シータ波」が脳内に分泌されている状態では、潜在意識にアクセスして、深い瞑想に入っている状態になり、記憶力・創造性の向上が期待できるでしょう。

【脳の活性化に最適な音楽】
脳内に「アルファ波」が発生している状態は、クラシックや自分の好きな曲を流すことで作っていく事が出来ます。

しかし、好きな曲の中でも「ボーカル」が入っている音楽を聴いてしまうと、歌の内容が頭の中に入ってしまい、「ベータ波」に切り替わってしまうのであまり効果を期待できません。

「ベータ波」とは、通常の生活を送っているときに流れている脳波で、考え事や、相手を批判したり警戒する行動、肩こり・首筋のこりなどが出ている時にも多く発生しています。

この時、体には脈拍が速くなり、呼吸数や活性酵素が増えるなどの症状が続いている為、健康の面でも良くないので気をつけましょう。

「シータ波」は、自然に耳に入ってくる音を聴いていく事がベストで、散歩に出かけたり、小鳥のさえずりや波の音、森林の虫のなどが入ったヒーリング音楽を聞いてみるのがオススメです!

 

【音楽習慣の変え方】
ここまで、「アルファ波」と「ベータ波」を脳内に取り入れる方法をご紹介しましたが、同じ音楽を聴いても、全く効果が出ない人がいます。

なぜなら、クラシックやヒーリング音楽はあまり耳にする機会がないので、聴く人がその音楽を好きになっていない場合には、同じ脳内の活動が生まれないからです。

自分の嫌いな音楽を克服していくには、ある程度の知識や経験が必要な部分もあるため、脳に負荷がかかる時期がある事でしょう。

しかし、その曲の良さを感じ取れた時は、「脳トレ」の効果と「脳の活性化」を同時に得られるので一石二鳥と言えます。

もし、この記事を読んで、ご興味をもってくださった方は、まず1週間ほどクラシックやヒーリング音楽だけを聴ようにして、習慣にしてみてはいかがでしょうか?

最後になりますが、何事にも常に好奇心を持って新しい事に挑戦する事が、脳を若々しく保つ秘訣になるので、ぜひこれから意識してみてください!

4000万曲以上の音楽が聴き放題【AWA】

 
ポチッ!と応援お願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com