ギックリ腰対処方法

腰痛の代表的なものとしては、慢性腰痛のほかに、何かのひょうしに起こるギックリ腰があります。

荷物を持ち上げたり、落ちている物を拾おうとしたりしたときなど、前屈の姿勢を取ることがきっかけで起こります。

腰に激痛が走ったり、急激に脱力したりする症状です。

セキやクシャミなど、ささいなことで起こることもあります。

ギックリ腰になると、あまりに痛みが激しいので、腰が曲がったままになったり、歩くのに支障が出たりします。

安静よりもストレッチが効果的

少し前までは、「ギックリ腰になったら、とにかく安静がいちばん」というのが一般的でした。

しかし、最近の研究では、安静にするよりも、体を動かしたほうが回復が早く、再発も防げることがわかってきました。

実際、私も外来にギックリ腰の患者さんが見えたときには、腰を伸ばす施術をします。

診察台の上にあおむけになり、自分の足の重みで腰周りの筋肉をストレッチするのです。

「自重けん引」と呼んでいます。

ストレッチをすることで、緊張して収縮していた筋肉がほぐれ、痛みが和らぐのです。

ほとんどの患者さんは、曲がっていた腰が伸び、痛みが緩和します。

このストレッチは、自宅でも机やテーブルなどを使って行うことができます。

このストレッチは、下肢全体の重さによって背骨と骨盤をゆっくりけん引します。

すると、腰周りの関節や筋肉が、正常な状態に戻ります。

腰の痛みが激しいときは、あおむけになったり、起き上がったりするのは難しいので、家族などに補助してもらってください。

サポートしてくれる人がいないときや、机やテーブルがないときには1人でできるストレッチもあります。

壁を押しながら腰を伸ばす「壁押しストレッチ」です。

外出先で腰が痛くなったときなどにも行うことができるので、知っておくと便利です。

ギックリ腰ほどはひどくないものの、腰が痛いというときにも、壁押しストレッチを行うと楽になります



 
ポチッ!と応援お願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com