脳疲労とは?頑固な疲れの回復法。

「最近なんとなく疲れやすい」「仕事でうっかりミスが多い」「気分がふさぎがち」など、不調に悩まされることはないでしょうか? それらは脳に疲労が溜まっているサインといえるのかもしれません。

筋肉であれば、筋肉痛というわかりやすい疲労のサインがありますが、自律神経の疲労は自覚しにくく、どんどん蓄積されていきます。その結果、疲労感や意欲減退など、漠然とした身体の不調として出現します。

普段疲労を感じた時、どのような回復法を実践していますか?

よく寝る、マッサージ、温泉などいろいろあると思います。

根本的に健康で疲れにくくなるには、どんな栄養を取っているかが重要だと思います。

今回は「食材」に注目してみましょう。

夏バテなどの季節的な疲労

おすすめ食材:キムチ・唐辛子・スパイス・果物(柑橘類)・オクラ・長いもなど

気候の変動などの、季節の疲労の特徴は食欲不振があります。

食欲を上げるために、辛味や酸味など味に刺激のあるものを適度に取り入れましょう。

甘酒

甘酒には疲労回復に必要なアミノ酸・ビタミンが多く含まれ、体内への吸収もよい飲み物です。

別名「飲む点滴」とも呼ばれています。

体力の落ちる夏場にはエネルギー補給として江戸時代から重宝されていたという言い伝えがあるほどです。

米麹から作られる甘酒はお米のでんぷんを糖化し、天然の甘さになります。 

発酵過程においてビタミンなども作り出されます。 

コンビニも馬鹿にできない。

最近はコンビニの商品もしっかり栄養を摂れるものが増えています。 

疲れを感じた時には以下のようなものを選んで食べて見ましょう。

すぐ食べたいときに

おにぎり(鮭・梅干し・たらこ)+野菜ジュース+ヨーグルト(低脂肪・無脂肪)

疲労回復に効果的な具材のおにぎりを選びましょう。

野菜ジュースは野菜汁100%のものを選び、タンパク質補給のためにヨーグルトをプラスしてみましょう。


 
ポチッ!と応援お願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com