体内のミトコンドリアを活性化させて元気になりましょう!

人間が、動いたり、考えたり、はたまた恋をしたりすることができるのは、ひとえにエネルギーがあるからです。

そのエネルギーをつくっているのが、「ミトコンドリア」と呼ばれる細胞内小器官です。

「人間を含めた高等生物は、もともとは遺伝子をつくる生物とエネルギーをつくる生物の2つが合体して生まれています。

そのエネルギーをつくる生物が、現在のミトコンドリアです。

ミトコンドリアがなければ、間違いなくわたしたち人間は存在していないでしょう」

そう話すのは、日本医科大学教授の太田成男。

30年以上にわたってミトコンドリアと健康の関係を追い続けてきた、ミトコンドリア研究の第一人者だ。

ミトコンドリアが増えるほどカラダは元気になる、と太田教授は続ける。

「極端に言えば、病気とは『ミトコンドリアが足りなくなった状態』のことをいいます。

身体には悪くなったところを治す力がもともと備わっていますが、治すためにはエネルギーが必要。

エネルギーが十分にあれば、すなわちミトコンドリアが十分にあれば、病気になっても必ず健康になることができるのです」

では、ミトコンドリアを増やすにはどうしたらいいのだろう? 太田教授が教えてくれた3つの方法は、とってもシンプルだ。

「エネルギーが足りない、と細胞が感じると、ミトコンドリアは増えるようにできています。

そのためには、ひとつは身体に寒さを感じさせること。

ひとつは運動によってエネルギーを消費すること。

そしてカロリー制限をすること。

強めの運動を心がける、あるいは週に1回1食抜くといった習慣を続けるだけでも、2週間でミトコンドリアは増えていく。

鍛えれば鍛えるほど、ミトコンドリアは増えてくれるし活性も出るのです」

健康も病気も、「ミトコンドリア」というひとつのレンズを通して説明をしてしまう太田教授の考えは、まさに目から鱗だった。

「すべての細胞に存在するミトコンドリアの研究は、全身を対象とするものです」と太田教授は言っています。

「ミトコンドリアを考えることで、脳や心臓といった身体の部位を一つひとつ切り離すのではなく、総合的にとらえる視点を得ることができるのです」

動物、植物など、ほぼすべての生物の細胞内に存在する「ミトコンドリア」。

もちろん私たち人間の細胞内にも存在し、生命活動に必要なエネルギーを産生している。

このミトコンドリアの活性を促進するミトコンドリア活性組成物・Mitochondria Activating Component(以下MAC)を開発し、それを含有する「ミトコンドリアパワー」を発売しているのが、バイオベンチャーのアクア・ゼスト株式会社だ。

MACは、酸素、水素、窒素の3種類のメディカルガスで構成されている。

同社は、iPS細胞の培養促進や免疫細胞増強などの実験データから、ミトコンドリア活性を最大化するためのガス含有比率を発見した。

MACを含む「ミトコンドリアパワー」を飲用すると、これらのガスがミトコンドリア内の電子伝達系に作用し、エネルギー産生を促進。

老化防止や病気予防につながるという。

また、自己再生医療の分野において、兵庫県神戸市にあるクリニックで治療の補助水としても採用されている。

さらに、膝の軟骨再生を促すための補助器具として、メディカルシューズも開発。

ライフサイエンスの知見を活かし、あらゆる側面から人々の健康をサポートしている。

私は、ミトコンドリアパワーを大阪の車関係のイベント会場で知りました。

体内のミトコンドリアを活性化すると病気予防、病気治療、若返り効果、その他様々な効果を発揮して人間は、もちろん動物、植物にも同じ効果を発揮するそうです。

1リットルで

650円(+税・送料)

1ケース(12本)より販売

12本だと7800円(+税・送料)もしますが

私は、飲んでから体の調子が良くなりました。

もう少し安くなれば普及すると思っています。

http://www.aquazest.info/

http://mcpower.info/

 

 
ポチッ!と応援お願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com