【Business案件20】極めて閉鎖的な国策カジノ事業に参画できる唯一のプロジェクトが始動

2分半ください。

これから私がお伝えすることを理解できれば、あなたは一部の既得権益の方達がそうしてきたように何をせずとも大きな資産を築くことができるでしょう。

突然ですがあなたは、いま世界で何が起こっているか知っていますか?

✔︎仮想通貨ブーム
✔︎トランプ大統領の改革
✔︎AIテクノロジー
✔︎VR技術の台頭
✔︎地球温暖化の加速

これら上記にあげたことなどだけを思い浮かべたあなたは、現状で”とんでもない損失”が発生しているかもしれません。。

昨年の末頃、テレビやニュースでしきりに仮想通貨に関する話題が取り上げられ

「仮想通貨は儲かる!」
「貯金するぐらいなら仮想通貨を買ったほうが良い」

などという迷信じみた通説を多くの人が信じ、仮想通貨をしきりに購入してしまっていました。

ですが、フタを開けてみるとどうでしょう?

当時、仮想通貨に参入した人たちはほとんどその資産が半分以下に減り、見事にそれ以前から仮想通貨を保有していた富裕層たちのカモにされてしまっていたのです。

では、どうすれば彼らは仮想通貨で富を築くことができたのでしょうか?

それは、とても簡単なことです。

「話題になる一歩手前で仮想通貨を保有しておけばよかった」のです。

何においてもそうです。

投資界では最先端のウォール街では、このような格言があるぐらいです。

「噂で買って事実で売れ」

と。どういうことかと言いますと・・・

投資は噂の段階(あまり多くの人に知られておらず、価格もそれほど大きく反応していない)で買って、それがニュースなどで正式に発表された段階で売れば確実に儲かるということです。

ニュースで正式に発表された段階で、みんなにその情報が知れ渡ってしまうため情報としての価値がなくなり、価格が頭打ちし、あとは下落していくという理論のもと受け継がれている格言です。

まさにそうで、先ほどの仮想通貨の例でも同じようにニュースになった時点(みんなが知っている状態)で、もはやそれは投資対象にはなり得ないと言うことです。

では、今その”噂”の段階にある投資対象の「あるもの」とは一体なんなのでしょうか?

そのキーワードとなるのが「IR(統合型リゾート)」なのです。

IRとは簡単に説明すると、カジノを含む総合型観光施設のことを言います。

実は、つい先日ここ日本で「カジノ法案が可決」されました。

それにより、日本でIR事業が国を挙げて本格的に取り組む。言わば『国策事業』になったのです。

そして、多くの富裕層たちが今こぞって資金をそのIR事業へと移行し、さらなる資産構築を目論んでいます。

世界でもその流れは徐々に熱を帯びてきて、一大ムーブメントとなり市場規模も爆発的な広がりを見せ、10兆円にも登っています。

なぜ、ここまで市場規模も大きく広がりを見せているのか?

それは非常に単純で、先ほどもお伝えしたように「国策事業」、つまり国が全面的に支援している

『世界で一番安心安全な弾けることなのない投資』

であるからなのです。

今、このIRのことを知っているのは、富裕層の方とこの文章を読んでいるあなただけです。

冒頭でもお伝えしたように、しっかり今私がお伝えしたことが理解できたのであればすぐにこちらの情報をチェックしてみることをオススメします。

→ https://r-tokyo.site/rp/a1/1lxr

(あまり多くの人にこの情報はお伝えできないので、すぐにページを閉じる可能性があります。)

 
ポチッ!と応援お願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com