家庭で役立つタオルのお得な情報

日々の暮らしの中で【必要不可欠なタオル】。いろんなシチュエーションで登場します。
【スポーツの後で汗を拭く】
【お風呂上りにカラダを拭く】
【トイレで手を拭く】
最後には・・・
【お家の床を雑巾がけ】など様々なシーンで【活躍】してくれます。

このタオルとは水分を吸収してくれ、汚れを拭き取る大切な役割を担っています。
買ったばかりのタオルは気持ちの良いもので、汗を拭き取る時も心地よく感じますよね。
そんな、【愛着の湧くような】タオル選びで重要なのは、大きく分けて5つあります。

・ 肌触り
・ 吸水・速乾
・ 耐久性
・ 値段
・ 清潔

そして、タオルの素材もたくさんあるので紹介したいと思います。

・綿(コットン)

【タオルといえば綿】。織り方によりさまざまは味わいを出せる、【万能選手】です。

「やさしい、ふんわり、柔らかい、包まれたい・・・」などなど。

上質な綿糸を使用するからこそ上質なタオルができあがります。
インド綿、エジプト綿、アメリカンコットン、オーガニックコットン・・・綿の種類は膨大で世界中で生産されており、それぞれ特性が違います。
とにかく日本人は【綿が大好き】【肌に触れるものには綿を使いたい】、という傾向がありますよね。
「綿好き」ならば綿にこだわって作られたタオル生地を選びましょう。

・リネン(麻)

しっかりしている印象のリネン。代表的なものは「麻」ですね。

単に「麻」といっても、品質表示には「麻」と表示できるのは2種類です。

【亜麻(リネン)】
【苧麻(ラミー)】
ナチュラルな印象が強いリネンの厚みはあまりなく、なんとなく弱そうなイメージ・・・。

じつは【耐久性は抜群!】なんですよ。、濡れることが得意なリネンは吸水力にも優れていて

【コットンとの差は歴然!】、といわれるほど水を吸収し、サッと乾く。ただ、洗濯するとしわくちゃになるという【個性的なリネン】ですが、

干す時にピンっと伸ばすと【自重でシワを伸ばす】という優れものです。

・ガーゼ

通気性に富んでおり【洗濯がしやすい】、そして、【汗をかく夏に最適!】

ガーゼには、適度な空気層ができるので、【寒い冬でもふわっとした肌ざわり】が魅力ですね。。
ガーゼは、
【肌触り】
【吸収性】
【速乾性】
【伸縮性】、といった特徴があります。

・ワッフル

【お菓子のワッフル】に似た【でこぼこの生地】ですね。
肌触りは【心地よく】【吸水性も乾きやすさも良い】です。

凹凸がある分、肌に触れる面積が少なく、サラリとした肌触りが気持ちのいい生地です。

・マイクロファイバー

【吸湿性、速乾性の代表】といえば【マイクロファイバー】
ただ、注意していただきたいのが、【肌を擦り過ぎると肌を痛める】ことがあります。

 

今回、タオルについてまとめてみました。何かの参考になれば嬉しいです。

 

 

 
ポチッ!と応援お願いします♪

にほんブログ村 その他生活ブログへ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com